梅田直樹の離婚原因は浮気?若益つばさとの収入差?板野友美や年収は?

梅田直樹さんが妻である若益つばささんとの
離婚が成立しました。

人気モデル同士のデキ婚で、お互いにカリスマモデルだった2人が、
別れるまでに至った理由と真相に迫りたいと思います。

まず、よくあるパターンが相手の浮気でしょう。
今回の場合、梅田直樹こと梅しゃんの浮気相手として
AKB48の板野友美さんとの噂もありました。

ただ、これは一方的にファンだということであって
熱愛とか浮気していたとか、愛人ってことではないようです。

悪女っぽいイメージの板野友美さんが、
絵に書いたような幸せな結婚を略奪愛で奪ったなんていうネタだと、
マスコミ的にも盛り上がるのでそんな噂がたったのでしょう。

梅しゃんはとても自分の子供を
可愛がっていたので浮気はないようですね。

むしろ、若益つばさの育て方に
不満を持っていたみたいです。

というのも、妻で母親である前に圧倒的な
ギャルのカリスマ。
その毎日は多忙なスケジュールでしょう。

Sponsored Link
[adsense]

週間女性によると
(以下引用)
「問題は今年で3歳になった長男の育て方。
直樹くんは月に1〜2回しか会わせてもらえないのに、

子供が生活しているのはつばさちゃんの家ではなく、
彼女の実家や親戚のところがほとんど。

“それならば自分が育てたい”という気持ちです。
一方、つばさちゃんの側もママタレという肩書があるから、
手放すわけがない」(梅田の親戚筋)

自身がプロデュースするつばコレは超有名ブランド。
着ければあっという間に完売してその凄さから
100億ギャルだそうです。(今じゃ500億の経済効果があるとか)

同じ年代のモデルとしてはトップクラスでしょう。
当然、言い方は悪いですが家庭はおろそかになりますよね。

結婚当初は同じ立場でも、次第にかけ離れて
遠い存在になって行く彼女に対しての溝はあったと思います。

妻の年収が夫の収入を上回ると、
結婚はうまくいかなくなる場合が多いそうですが
今回もきっと格差婚が、最終的に問題となったようです。

結婚前から、Popteenで表紙を飾り、
史上最高の売上を上げる記録。

結婚後は、PopSisterでも専属に。
MaMa Cawaでママタレとしても。

妊娠、出産、結婚とライフスタイルが変わっていっても、
常に第一線で活躍していきました。

その才能はさらに開花し、歌手活動として
TSUBASA、Milky Bunnyも。

ここまでくると、並の男では到底無理でしょう。
また、彼女以上の才能を上回る人もなかなか
いないと思います。

きっと普通は嫉妬したり、妬んだりどうしてもしちゃいます。
素直に応援したりなる余裕がなくなるもんです。

相当、器が広くタフな男でないと
お互いに満足できず、うまくはいかないでしょうね。

専属モデルとして活躍した梅しゃんも
Men’s Eggではカリスマだったし、

舞台や俳優として現在もそのフィールドを
移していたので才能はあったのでしょうけど。

釣り合いを保とうとするプライドと
現実のギャップに悩んでいたのではないでしょうか?

2人が住んでいた5000万ほどのマンションも
そのほとんどが若益つばささんが出したとの話。

自分の居場所がなくなり、家に居づらくなったことが
ますます、お互いの距離を離していったようですね。

その後、別居生活があったのも出て行ったのは
益若つばささんであり、その新生活は家賃が
120万以上するという超高級マンション。

出て行きたい男としては、完膚なきまでに
プライドはズタズタ。

圧倒的な経済力を魅せつけられる皮肉な結果に
離婚は、遅から早かれいつかはしていたかもしれませんね。

離婚発表で梅しゃんは、
今後は芸能活動は引退して、一般男性として
生きるとのコメントもしていました。

きっと、芸能界にいつづければ
若益の夫として、離婚後もいつまでも
言われてしまう不安もあったのかもしれません。

財産分与として、2000〜3000万をもらうそうですが
その胸中は複雑かもしれません。

男としてプライドもあるでしょうし・・・
芸能界を引退しても付きまとう影に苦しめられることを
考えるとちょっと気の毒でしょうがありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする