2014年梅雨入り情報! 東京や関東は?梅雨明け予想は?

6月といえば…梅雨。
今年もこの季節がやってきました。

梅雨入りすると、毎日ジメジメして気持ちが上がりませんよね?

体を休めるお布団もジメジメ…
洋服は汚れやすくなるのに、洗濯物は乾きづらい…
バイクや自転車にも乗れなくなりますし、

本当に嫌な季節です。
ですが、憂鬱になっていてもなにも始まりません!

そこで、今回は東京を中心に、
関東地方の梅雨入り日・梅雨明け予想情報などをお届けし、
梅雨の素敵な一面、メリットなどを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

2014梅雨入り情報!東京の予想は?梅雨明けは?

例年、関東地方の梅雨入りは6月8日ごろ、
梅雨明けは7月21日ごろとなっています。

ちなみに、昨年は6月10日に梅雨入りし、
梅雨明けは早めの7月6日。(気象庁より発表)

昨年は平年並みの梅雨入りでしたが、今年はどうでしょうか?

今年の夏は、5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が
高いと予想されています。

のちほど詳しく書きますが、一言で言うと、
エルニーニョ現象が起きると、梅雨入り、梅雨明けの時期が遅くなり、
夏の暑い時期が短くなります。

なので今年は平年から1週間〜10日程度梅雨入り・梅雨明けが
遅れると予想されます。
今年は除湿器や乾燥機の出番が増えそうですね…。

Sponsored Link
[adsense]

2014年梅雨入り・全国の予想は?関東との違いは?

今年は関東地方以外も、梅雨入り・梅雨明け時期が遅れる可能性が高いです。
気象庁が発表している情報によると、各地の平年の梅雨入り・梅雨明け時期は

沖縄   5月 9日〜6月23日
九州南部 5月31日〜7月14日
九州北部 6月 5日〜7月19日
四国 6月 5日〜7月18日
中国 6月 7日〜7月21日
近畿 6月 7日〜7月21日
東海 6月 8日〜7月21日
北陸 6月12日〜7月24日
東北南部 6月12日〜7月25日
東北北部 6月14日〜7月28日

となっています。

しかし、今年は全国的に梅雨入り・梅雨明けが遅れることが予想されています。
なので、全国的にも5〜10日ほど遅れると思っていた方が良いかもしれません。
特に東北地方は、気圧の関係で、梅雨の明けない年になるかもしれません。

梅雨に影響! エルニーニョ現象とは!?

先ほどちらっと登場したエルニーニョ現象。

ニュースのお天気コーナーなどでたまに登場するので、
聞いたことのある方も多いことでしょう。

しかし、どういう現象なのか、どういう影響が出るのかを
知っている人は少ないと思います。
そこで、ここではエルニーニョ現象について深く掘り下げていきたいと思います!

エルニーニョ現象とは気圧の変化の影響で、
海面の水温が上昇してしまうことを言います。
確実な原因はまだわかっていません。

数年に1度のペースで発生し、日本に与える主な影響は

梅雨入り・梅雨明けの時期が遅れる
雨量が増え、日照不足になる
冷夏・暖冬、異常気象が置きやすくなる

というものがあります。
ちなみに反対の現象を、ラニーニャ現象と言います。

過去に何度か、エルニーニョ現象による大きな影響が出ています。

日本で言うと、1993年の大冷夏。
稲作の記録的不作で、米騒動の原因になりました。
2009年には西日本で台風が多く発生し、長期的な豪雨となりました。

世界で言うと、
2010年に暖冬となり、冬季オリンピックが開催されたバンクーバーで
大会期間中に桜が咲きました。

異常気象を連れて来るエルニーニョ現象。
梅雨入り・梅雨明け時期がずれること以外にも、
今年は異常気象にも注意が必要かもしれません。

梅雨もそんなに悪くない!? 梅雨のメリットを紹介!

悪いことばかりに思える梅雨ですが、
実はそうでもないのです!

梅雨の時期にしっかり雨が降らないと、夏に水不足に陥ってしまいます。
特に今年は雨が多くなりそうですし、
冷夏になる可能性が高いので、水不足に悩まされることはないかもしれません。

雨が降り、外出を控えるようになると、出費が少なくなります。
家に長い時間いるので、家族同士のコミュニケーションを
深める良い機会にもなります。

梅雨前半は比較的少ない雨量が続くので、農作物には良い影響をもたらします。
ここ最近は野菜の高騰がニュースになったりしていますが、
今年は安くて美味しい野菜が手に入るかもしれません。

さらに食べ物の話でいうと、
山に積もった落ち葉や枯れ枝が腐敗し、腐葉土になります。

その腐葉土の栄養分が川に流れ出し、最後は海に流れ着き、
プランクトンを生み、増えます。魚たちがそれを食べて成長します。
野菜だけではなく、今年は豊漁も期待できるかもしれません!

美容の面で見ても、梅雨には素敵な一面があります。
肌が乾燥しづらく、喉にもやさしい時期と言えます。

また、紫外線の量も減ります。
快晴時の紫外線量を100とすると、曇りの場合の紫外線量は約60。
雨が降ると約35程度にまで落ち着きます。

梅雨入り・梅雨明け遅くても…

今年は梅雨入り・梅雨明けが遅く、
梅雨の時期も長引く可能性が高いです。

アウトドアな趣味を持つ方や、主婦の皆さんには憂鬱な時期かもしれませんが、
ものは考えようです。

前述したように、梅雨にだって良いところはあるのです。
ちょっと視点を変えると、梅雨もオツなものになるでしょう。

さらに、梅雨を乗り切れば楽しい夏が待っています!
頑張って憂鬱な時期を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする