神奈川新聞花火大会2014! 日程や穴場は?有料席チケットは?

1986年から行われている神奈川新聞花火大会。
毎年20万人ほどの人々が訪れるこの大会。

名物は直径480メートルにもなる2尺玉。
この2尺玉の迫力、臨場感のとりこになり、
毎年通う人も多くいるそうです!

この花火大会は、関東屈指の夏の風物詩と言っても過言ではありません。

しかし会場であるみなとみらいは、非常に混雑します。
下準備をしていかないと、せっかくの花火も楽しめません。

そこで、今回は、
花火をゆっくり見られる有料席や、穴場をご紹介したいと思います。

皆さんの素晴らしい夏の思い出作りのために、
ぜひお役立てください!

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会2014は日程が変わる!

今年で29回目となる神奈川新聞花火大会。
例年は8月1日に開催されています。

が!

なんと、今年は日程が変わります。

日程:2014年8月5日(火曜日)
時間:19:00〜20:30(荒天の場合は翌6日・水曜日に順延)
打ち上げ場所:みなとみらい臨港パーク前の海上

すでに予定を組んでしまった方は、
お早めの変更をオススメします。

Sponsored Link
[adsense]

神奈川新聞花火大会を有料席でゆったり楽しもう!

神奈川新聞花火大会では、2011年から有料観覧席が設置されました。
当日は混雑が予想されます。
場所取り争奪戦を避け、ゆったりと花火を見たい方にとっては、
この有料席はまさに特等席です!

有料席のチケットは2種類あります。

1 神奈川新聞花火大会 特別席

場所は内貿バース内(臨港パークの最前列です)。
全席指定で、ソフトドリンクまたはビール2杯とお菓子の詰め合わせが付きます。
価格は7000円と、この金額だけを見れば高く感じるかもしれませんが、

全席指摘なので、場所取りは一切不要!
花火の迫力、美しさはこの席が1番です!

家族で花火を楽しみたい、
彼氏彼女と花火デート、という方は、
この特別席をオススメします!

2 神奈川新聞花火大会 有料席
場所は臨港パーク。

料金は高校生以上2500円
小中学生500円
小学生未満が無料

と特別席よりリーズナブルな価格で花火を楽しめます。
チケットと引き換えで1人分のシートを受け取り、席を確保します。

良い場所で見るためには場所取りをする必要があります。
ですが、15時くらいまでに場所を確保しておけば、
座る場所がなくなるという事態は防げます。

この席でも十分花火は楽しめますし、
ほとんど場所取りもしなくていいので、

安くおさえたい方にはオススメです!

今年の予約はまだ始まっていません。
こまめに情報をチェックしてください。

お問い合わせは
神奈川新聞花火大会事務局
045-227-0744
(平日10:00〜17:00)

横浜市のホームページにも詳細等が載っています。
http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yv5364

神奈川新聞花火大会の穴場教えます!

1 大黒ふ頭周辺

これぞ穴場中の穴場です!
車でお越しの方は超オススメ!

入場料はありませんが、駐車料金がこの日は4000円という
情報もありました。

横浜ベイブリッジの国道357号は例年、18時ぐらいから
花火終了まで通行止めになります。

また、首都高は通れますが規制があります。
車の中からも花火を見ることができます。
大黒PAからみるのも手ですね。

混雑に邪魔されず、
ロマンティックな雰囲気を演出できるので、
カップルにとっては最高です!

近くにはベイブリッジもあります。
夜景が綺麗なベイブリッジから見る花火は一層素敵です。

2 野毛山公園

この野毛山公園には展望台があり、
そこから横浜の街を一望できます!

花火の雰囲気を楽しむには良い場所で、
大人の穴場というような場所です、

しかし、ここの難点は駅から遠いことです。
桜木町から徒歩で約30分ほど。
京浜急行の日ノ出町駅からだと少し近いようですが、
それでもアクセスが良いとは言えません。

野毛公園へ行くのなら、
車で行き、近くに駐車場を見つけるのが1番良い方法です。
公園そのものに駐車場はないので、ご注意ください。

3 ポートサイド公園

この公園の観覧スポットは芝生になっています。
芝生がデコボコになっているので、とても見やすいです!
家族でレジャーシートを広げて花火を楽しむには最適な場所です。

河川敷なので、見晴らしも良く、綺麗な花火が見られます。

花火の写真を撮りたい方にもここは最適です。
極端に混雑することもないので、
邪魔にならないように場所を見つけて、三脚を立てることも可能です。
夏のベストショットを狙ってみてください!

様々なスタイルで楽しめる神奈川新聞花火大会

神奈川新聞花火大会は、本当にたくさんのスタイルで、花火を楽しめます。
花火大会では珍しい指定席、
ちょっと足を伸ばした穴場、
プライベートな空間などなど。

ちょっとした手間ひま、エッセンスを加えるだけで、
素晴らしい思い出を作ることができます!

最後に、会場での盗難や忘れ物、その他のトラブルに十分気をつけながら、
皆さんなりの素敵な夏の一夜の過ごし方を見つけてみてください!

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする