隅田川花火大会の日程と穴場は?有料席はどうやってとるの?

東京の花火大会でも有名なのが隅田川花火大会。
来場者の数は95万人を越えると予想されています。

何も考えずに行ったら人混みに飲まれて終わりそう。
穴場とかあったらそこでゆっくり見たいですよね。

他に隅田川花火大会には有料席があります。
協賛金を支払うので協賛席と言うほうが正しいですね。
抽選倍率高そうですけどね。
応募方法とかご存じですか?

スポンサーリンク

隅田川花火大会の2014年の日程は?

第37会隅田川花火大会は7月26日(土)です。
午後7時5分〜8時30までの間に開催されます。
荒天の際は7月27日(日)に延期だそうです。

晴れれば、こんな感じでキレイです!

実地会場は第一会場が桜橋下流〜言問橋上流
第二会場が駒形橋下流〜厩橋上流です。

http://www.sumida-gg.or.jp/arekore/SUMIDA005/S005-11.htm

第一会場では花火コンクールが行われます。

全国の花火大会で優秀な成績を収めた業者が来ます。
その為、花火のクオリティは高いそうです。
コンクールを見るなら第一会場です。
ただ、当然人気があるのでこっちの方が混みます。

第二会場は10,500発の花火が見られます。
第一会場は9,500発です。
沢山見たいなら第二会場ですね。
ちなみに第二会場は7:30から始まります。

当日は花火大会の為に封鎖されている道路が多いです。
もう昼から橋は人で埋まってるわお巡りさんはいるわ。
でもお巡りさんの誘導上手ですよ。
DJポリスとか出てこないかな。

それにしても物凄い混雑ですよ。
これは警察も大変だ。

隅田川花火 混雑 画像

去年は途中からゲリラ豪雨で中止になりましたよね。
今年は晴れるといいな〜。

Sponsored Link
[adsense]

隅田川花火大会の穴場情報を教えて!

1:汐入公園

花火会場から少し離れます。
ファミリー等快適さを求める人向け。
南千住駅から徒歩14分です。

2:東白鬚橋公園

汐入公園よりは花火に近いです。
例年無料でゴザを貸してくれます。
東京スカイツリー線の鐘淵駅から徒歩8分。

3:銅像堀公園周辺

高速道路の高架下です。公園は当日立入禁止。
墨田川沿いの遊歩道から第一会場の花火が見えます。
東京スカイツリー線の曳船駅から徒歩10分です。

ここはトイレが無いので事前に済ませておきましょう。

4:両国国技館

離れてますが意外と見えます。
空いているのと両国駅のすぐ前なのが嬉しい。

5:国道6号(水戸街道)
他に江戸通り、春日通も通行止めになります。
場所取りすれば見られますよ。
ただし、激戦区です。覚悟してください。

曳舟駅に17:00には到着して待ちましょう。
18:00から交通規制が始まります。
その際に場所取りを!

6:本所三丁目交差点付近

春日通りと三つ目通りがぶつかる交差点。
第一会場と第二会場両方の花火が見えます。

隅田川花火大会の有料席はどうやってとるの?

有料席はあります。
ただし、これは協賛金を払うという形です。
花火が中止になってもお金の払い戻しはしません。

応募方法は往復はがきでの郵送です。
応募期間は5/1〜5/23まで。当日消印有効です。
当然ですが、抽選になります。

第一会場:台東リバーサイドスポーツセンター野球場
または台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

これらが一口6,000円で5人まで。
団体用は一口24,000円(22人まで)です。

第二会場は墨田区側両国親水テラス

一口5,000で1人。4口まで応募できます。

公式サイトに詳しい応募方法が載っています。

http://sumidagawa-hanabi.com/140423_shiminkyosanseki.pdf

問い合わせ先:
隅田川花火大会実行委員会墨田区側事務局。
03-5608-1111

他に穴場スポットをもう少しご紹介します。

1:コモディイイダ屋上
コモディイイダの会員(会費100円)となることが条件。
先着300名に屋上が開放されています。

東武線曳舟駅から徒歩5分。
浅草駅は混んでいるので避けましょう。

2:オリンピック墨田文花店屋上駐車場
ここはスカイツリーのビューポイントでもあります。

葛飾納涼花火大会2014!有料席や穴場は?

まとめ

隅田川花火大会は混むことで有名ですね。
それにしても95万人ってどうやって数えるんだろう。

隅田川花火大会の鉄則です。

● 有料の協賛席をまず狙う
● 近くで見たいなら歩きながらしかない
● ゆったり見たいなら離れた穴場で
● 交通規制の場所取りは17時前から動く

何せこの有り様ですからね。

隅田川 混雑 画像

それから豪雨に備えて雨具を持参しておきましょう。

せっかくの花火です。
穴場情報を活用して花火見物を成功させてください。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする