yosakoiソーラン祭り2014の日程は?スケジュールやアクセスは?

札幌は6月が最も美しい季節。

そして最も賑やかな季節です。
何故って、それはyosakoiソーラン祭りがあるから。

この時期は道内外からウジャウジャ人が集まります。

地元のyosakoi嫌いの人は
「この時期は外出しない」というくらい。

私は基本的にお祭り騒ぎは大好きです。
本当は見るより参加するのが一番なんですが。

さて、このウジャウジャ状態が数日続きます。
ちゃんと事前に調べて動きましょう。
でないと誰がどこで踊ってるのか全然分かりません。

スポンサーリンク

Yosakoiソーラン祭りの日程は?

[icon image=”finger1-r”]2014年のyosakoiソーラン祭りの日程はこちら。
http://www.yosakoi-soran.jp/

[colored_box color=”red” corner=”r”]今年は6月4日(水)〜8日(日)までです。
え、平日?と思われるでしょうけど、18時からです。
土日は午前10時から。[/colored_box]

期間中は270以上のチームが参加します。
札幌市内各地で21時まで踊り狂うわけです。

開催当時は10チームだったんですけどね。
年々増えて収集つかなくなってきました。
これがまた楽しいんですけど。

この時期は地下鉄に乗ると、必ず参加者を見かけます。
基本移動は地下鉄ですからね。
車はこの時期使わないほうが無難です。
交通規制がありますし、何せ混みますからね。

会場から会場へ移動する彼らを見ると
「ああ、yosakoiの時期なんだな」と思うわけです。

6月は新緑とyosakoiで何だか妙に盛り上がる季節です。

Sponsored Link
[adsense]

スケジュールは?

[icon image=”finger1-r”]スケジュールに関しては、こちらのサイトに詳しいです。
http://www.yosakoi-soran.jp/schedule.html

[deco_bg image=”paper1″ width=”500″]6/8(水)、6/9(木)は大通公園でオープニングです。
10日(金)はソーランナイトというイベントがあります。

イベントを楽しむなら土日が一番。
6/11,12は大通公園西7丁目でワオドリスクエアがあります。
飛び入り参加出来る交流広場です。[/deco_bg]

今年は新しいイベントもあります。
GAKUSAIという学生のパフォーマンス。
U-40大会という40歳以下限定のコンテスト。
楽しみですね。

土日はパレードがあります。
パレードはどれも大通り会場で行われます。

日曜日はファイナル審査が19:20から始まります。
ここで今年の最優秀チームが決まるのです。
この時間帯が一番クオリティの高い踊りが見られます。

お腹が空いた方には大通公園5・6丁目で屋台をどうぞ。
「北のふーどパーク」です。祭り期間中やっています。

ソーラン祭りのアクセスが知りたい!

大通公園までのアクセスは地下鉄で行くのが近道。
[icon image=”finger1-r”]会場の図はこちらです。

http://www.yosakoi-soran.jp/eventmap.html

図の右下の1〜3が大通駅の出口番号です。

大通公園には車では行けません。
一応地下駐車場はありますが、混んでいて使えません。
それでなくてもこの時期は交通規制があります。
しかもあの辺は一方通行が多くて面倒です。

[illust_bubble subhead=”電車でのアクセス” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w1-l”]会場に向かうのであれば札幌駅から移動でしょう。
札幌駅までJRで行く→地下鉄で大通駅まで移動です。
改札を出てから少し地下を歩きます。

出口1番か2番から地上に出ます。
ここが大通り西5丁目。
ワオドリスクエア会場の近くです。

他に地下鉄東西線西11丁目駅もあります。
出口は図の左隅の3と4ですね。[/illust_bubble]

ただし、初心者には面倒臭いです。
何故かというと、乗り換えが増えるからです。

大通駅から地下鉄を再度乗り換えるんですよ。
大通駅で降りて出口1か2を目指すほうが楽です。

まとめ

yosakoiを見に行く際のコツを伝授しましょう。
それは、全部見ようとしないこと。

この祭りは参加して楽しむのが基本です。
踊ってみたい方は土日のワオドリスクエアがお勧め。
言っておきますがカオス状態ですよ(笑)。
でも本当に皆が楽しそうに踊っています。

見て楽しみたい場合はパレードかファイナルステージ。
やっぱり土日ですね。
最終審査に残るチームは実力が違いますから。
テレビ中継もしますが、現場で見るのが迫力あります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする