Q太郎の嫁は猪熊夏子!セメント新聞社社長!職業はスタイリスト?

Q太郎の嫁がセメント新聞社の社長になった?
職業であるスタイリストは?
「さんまのからくりTV」で発表された奥さんの実家は
セメント業界新聞のようです。

Q太郎の嫁は猪熊夏子。職業はスタイリスト。

猪熊夏子 画像

肩書きは社長?(笑

ということで、まだ形だけで
実質的な立場にはないようです。

猪熊夏子の実家は、セメント関連の業界紙を
発行している新聞社のようです。
公式ホームページを見ると、まだ、社長の欄には

代表取締役社長 猪熊和子

となっています。

ちなみにその他の役員名にも
谷口英隆(編集担当取締役)
田中 徹(営業担当取締役)

と表記されていてあくまでも予定なのでしょう。

このセメント新聞社は創刊65年の歴史。
多分おじいちゃん辺りが始めたのでしょうね。
それで、伯母にあたる猪熊和子の跡を継ぐのでしょう。

Sponsored Link
[adsense]

面白いのは、Q太郎と猪熊夏子は離婚危機にあるんですよね。
からくりTVで妻の不満がついに爆発して険悪のムードに。

なんでもQ太郎が家にお金を入れないことが原因のようです。
そもそも結婚して夫婦関係にあるし、一国一城の主です。
それは当然ですよね。

それでどうなったのか・・・

猪熊夏子はなぜかNYに家出
自分専用の家を内緒で建設

とぶっ飛んでいるんです。

これもハイキングウォーキングのコンビで
鈴木Q太郎の相方を担当している松田洋昌が
元パティシェでお菓子を作っていた時の事。

「わたし家を建てた」

猪熊夏子 画像

と猪熊夏子が言いだし、
その話題で持ちきりになったんです。

でも、それがきっかけで「からくりTV」に
その後もハイキングウォーキングが呼ばれることになり、
ちょっとしたたかな奥さんという印象を受けました。

ちょっと落ち目である旦那のために、
自分をネタにするなんて、なかなか出来た女性です。

サバサバした感じが人によっては、あまり好まないと
いう意見もありましたが、
太田光代のように、やり手の社長になりそうです。

なぜ奥さんが家を建てれる資金があったのか?
が実家がお金持ちの新聞社だったからとか
自分が社長になったからという流れになったのです。

奥さんのツイッターを見ると、
それに関してはまだ先の事のようですね。

すごく真面目な人達が働いている会社なので明日社員さん達の反応が怖いな。大丈夫なんだろうか…

そうそう、スタイリストやめてませんよ〜

https://twitter.com/InokumaNatsuko

2人の馴れ初めは、猪熊夏子が鈴木Q太郎のスタイリストを
務めたことから。
なんでも一方的に好きだった奥さんから猛アタックで
付き合うことになったようです。

7年間も交際して結婚して、社長として自立で離婚?
なんてことになったら、Q太郎はある意味
逆玉を逃した感もありそうです。

ま、結局Q太郎は15万の生活費を入れることと
花束をプレゼントしたそうです。

Q太郎は性を鈴木から結婚して、奥さんの婿養子になり
猪熊に変わっているんですが、
結局、社長にはならしてもらえなかったようですね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする