松下ヨシナリが死去!wikiやツイッターは?初音ミク?マン島TT

松下ヨシナリ 画像松下ヨシナリ氏が死去!
「マン島TTレース」での
予選中に不幸がおきました。
wikiやツイッターは?
初音ミク仕様のバイクだった?

27日、松下ヨシナリが
オートバイレースの「マン島TTレース」
クラッシュ、死去されました。

松下ヨシナリとはどういう人なんでしょう?
wikiはなかったので、プロフィールを。

松下ヨシナリ 画像

東京生まれ、179cm、72kg。
1969年8月15日生 43才
獅子座 A型
身長179cm 体重73kg
埼玉県さいたま市(旧浦和市)在住

モーターサイクルジャーナリストでレーサー。
他にも幾つもの肩書きがあります。

デザイナー、イベントMC、
レースアナウンサー、
バックカントリースキーヤー、モデルなど
多彩な才能を発揮していました。

その日は天候が悪く、延期が繰り返されていて
最悪の路面状況だったみたいです。
コースでは水たまりがあるところも。

松下ヨシナリは英国名門チーム「Tyco Suzuki」での
サードライダーに抜擢されていて、600クラスでの参戦。

松下ヨシナリ 画像

予選での練習走行中に
マン島の北側で激しく転倒した模様。

松下ヨシナリ 画像

一部で初音ミク仕様のバイクに乗っていたとのことですが、
これは電動バイクのクラスで参戦予定だったようです。
KOMATTI-MIRAI RACING TEAMという違うチームのようです。

動画を見ても恐ろしいぐらいの速さです。
普通に250キロ以上は出てるそうです。

命知らずのレーサーを魅了して止まないのも事実で
日本ではただ一人、松下ヨシナリが参戦していました。

マン島TTレースを始めようと思ったきっかけは
取材からでした。

でも、そういう出来事があったにも関わらず、僕はマン島、ものすごい楽しかったんですよ、最高に楽しかったんですよ。ちょっと不謹慎かもしれないけど。
本当に楽しくて、こんなバイクの島、あったらサイコーだなーっとおもって。毎日ウキウキで。クラシックバイクもレーシングバイクも、そんなに広く浅くだからよく知らないけど、とにかくバイクに乗ってる人がたくさんいて、バイク乗りで、バイクが好きだっていう空気感が良かったんですよ。これは最高だ、こんなところねぇって。
(一部抜粋)
http://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/2012/01/3-d4b9.html

2006年の時で、この時前田淳さんが亡くなっています。
死ぬかもしれないレースを目の前にしてですよ。
これならでれるかもと思ったようです。
根っからのバイク野郎だったのでしょうね。

「いや、コースですね。攻略できるかが一つと、あと、怖いと思うか思わないかが一つあったんですよね。
走ってて、楽しいの比率が高いか、怖いが来るか、どっちかなーと思ったら、楽しいが全然(来た)。

松下ヨシナリは結婚していて、お子さんもいるようです。
初めて参戦したのが2009年。
このちょっと前に生まれているので、今4才ぐらいでしょか。

それでも今TTに出たいって言ったら……、もう来年でしょ、もしくは再来年でしょ。
今、このタイミングは今しかないし、僕は当時38歳の年ですよね。38歳。もう人間としての運動能力を保てるのには限界がある、と。やれるときに、なるべく早くやらないとダメだから。
それで、もし僕が亡くなるようなことがあっても、そりゃ僕自身の運命だし、そういうことはないように約束するから。って言って。
もうそのタイミングっていうのは絶対あるから。

家族を気にかけながらも、バイクの夢を取ったんでしょう。
それでもいつもどこかで、危険と隣合わせのレースであることを
意識してたのかもしれません。

ブログでも

皆さん、いよいよ25日のマン島TT開幕へ向け
彼の地へ飛びます。

関係各位、スポンサー、サポーター、支えてくれる全ての皆さま

しっかり走りきって、必ず笑顔で帰国します!

たった一人ぼっちの日本代表ですが、しっかり戦ってきます
熱い応援、たのみます!
http://www.moto-navi.net/guest/matsushita/

と言っていたのに・・・

松下ヨシナリ氏のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする