牧伸二が死去!病気で自殺?ポール牧?「あゝやんなっちゃた」ネタ

牧伸二が死去しました。多摩川での自殺?病気だった?
ウクレレ漫談がネタで、兄弟子にポール牧。
同じ牧野周一門下だったそうです。「あゝやんなっちゃた」って?

29日午前0時15分すぎ、東京都大田区田園調布本町の
丸子橋から男性が川に飛び込んだ、と目撃者が近くの交番に届け出た。
(一部抜粋)
http://www.asahi.com/obituaries/update/0429/TKY201304290027.html

目撃者の話では、牧伸二が約50メートル下の多摩川に
橋の上から飛び降りたという。

多摩川 丸子橋 画像

救助された時には、意識が無く、病院で死亡が確認されました。
欄干(↑画像)をまたいだという目撃や
近くに牧伸二の杖があったこともあり、
自殺ではないかと言われています。

自宅住所は大田区。杖もないと歩けないような状態で
ここまで歩いて来たのでしょうか?
遺書などは見つかっていないみたいです。
また、目撃者は家政婦だったという情報もあります。

浅草東洋館の公演中で、29日が最終日でもありました。

浅草東洋館 画像

http://www.asakusatoyokan.com/ticket/

牧伸二は以前、病気を患っています。
2002年に脳出血で再起不能とも言われました。

脳卒中の一種で、後遺症が残ると、
言語障害になったり、身体の片側の麻痺や
しびれや痛みがあります。

「言語機能はセーフだった代わり、左の手足が動かない。
ウクレレを壁にかけ、“絶対弾いてやるからな”って
自分に活を入れて必死に指先のリハビリを繰り返したよ。
それと病室や廊下で歩行訓練を徹底的にやった。
おかげで45日の入院期間中に、ほとんど回復した」
(一部抜粋)
http://oisha.livedoor.biz/archives/51370023.html

薬だけの治療で済んだようですが、リハビリには苦労したみたいです。
右膝がちょっと不自由なだけで、現在はほとんど問題はないんだと
言っていました。

Sponsored Link
[adsense]

牧伸二はウクレレ漫談で大ヒット。
「やんなっちゃった節」という軽快な音楽で
毒舌を明るく弾き語るスタイル。

致命傷な病気とも思われていましたが、無事に
復帰しました。
それでもきっと、見えない所では
相当つらかったかもしれませんね。

フランク永井は低音の魅力 神戸一郎も低音の魅力 水原ひろしも低音の魅力
牧伸二は低能の魅力♪

なんて歌っていたり。
「あゝやんなっちゃた」というフレーズが
インパクト大だったのです。

浅草東洋館の公演の後も、5月5日(日)に
三島市民文化会館での公演が予定されていました。

牧伸二 画像

http://www16.ocn.ne.jp/~tek/osirase/index_.htm

牧伸二が看板だったこの公演。
とても自殺するような雰囲気ではありませんでした。

牧伸二は、自殺したポール牧の兄弟子。
2人の師匠が牧野周一なんです。
牧伸二も自殺ではないかと言われて
同じような最期をたどっていることに
なんとも言えない無常さを感じます。

病気の後遺症に悩んでいたのか?
うつ病だったのでしょうか?
とても自殺するような人ではなかったと
驚きの声がネット上でもあるようです。

牧伸二には、弟子がいて泉ピン子。
女優として大成する前に三門マリ子という名で
歌謡漫談家をしていたそうです。
牧伸二 画像

師匠である牧伸二は当時、相当の売れっ子。
お昼の番組を掛け持ちしていて、CM中に局を移動する
ぐらいの人気者だったようです。

あー、あーあ、やんなっちゃった、あー、あーあ、驚いたっ♪

というフレーズなら誰でも聞き覚えはあると思います。

亡くなった牧伸二氏のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする