佐野洋が死去!推理日記で批評コラム!短編集も!代表作は?

佐野洋が死去しました。84歳。肺炎のため。
推理日記を39年連載したことで知られる
推理小説家の名手で、短篇集も。代表作も探りました。

4月27日、午後9時25分に
川崎市の病院で亡くなりました。

佐野洋は(さの・よう)と読み、ペンネームのようですね。
本名は丸山一郎。弟は東京大学名誉教授の丸山昇。
中国文学者なんです。
丸山一郎自身も東京大学の文学部卒業です。

Sponsored Link
[adsense]

大学中から同人誌「現代文学」を発行していて
読売新聞に入社後も兼業作家として活動していました。

1953年読売新聞社入社。
58年「銅婚式」が懸賞小説に入選。
59年「一本の鉛」で専業作家に。

代表作1965年の日本推理作家協会賞を受賞した「華麗なる醜聞」。
他には、「透明受胎」や「轢(ひ)き逃げ」。

佐野洋は推理日記という名物批評コラムを
連載していたことでも有名です。
(1973年から2012年の474回)

「小説推理」誌で現役作家の推理文壇批評。

佐野洋氏のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする