三國連太郎が死去!前バリ伝説!石田えりより愛した太地喜和子って?

三國連太郎 画像三国連太郎が急性心不全で死去しました。
享年90歳。息子は佐藤浩市。
名俳優の前バリ伝説や武勇伝って?
石田えりとの不倫や太地喜和子との
女性関係を調べました。

三国連太郎が14日午前9時18分、
都内の病院で亡くなりました。

誰もが知る映画俳優で、『釣りバカ日誌』は
22年続いたヒット作。
本名は佐藤正雄。

佐藤浩市は息子にあたり、4回結婚した内の
3度めの妻との子になります。

普段は温厚で物静かな人なんですが、
役作りでは徹底してリアルさを追求していたんですね。
それが三國連太郎の前バリ伝説です。

新人女優とのベットシーンで前バリを取って
本当にしていたとか。
共演女優の間でも恐れられたとか。

佐久間良子 画像

佐久間良子→監督が「本番スタート」と言ったからと言い訳。

有馬稲子→ほんとにしようとして、ひっぱたかれる。

「昔はね俳優や監督のね、男の言ううことは絶対だったのよ」と
ダウンタウンDXで梅宮辰夫が言っていたんですが、
この頃の時代背景では枕影響が当たり前だったそうですし、
ヒロインや新人女優は喰われることがよくあったとか。

でも三国連太郎が前バリ伝説を私欲でやっているかというと、
そうでもないようです。
役作りのために前歯を10本抜いたこともあるんですね。

(『異母兄弟』の)共演は田中絹代さんでした。
一九〇九年生まれの田中さんと並ぶと、
いくら老けたメイクをしてもバランスが取れません。
悩んだ末に、歯医者に行って上の前歯を全部抜いてもらいました。
麻酔をすると治りが遅くなると言われたので、
嫌がる先生を説き伏せて麻酔なしで抜いてもらいました。
抜歯後の腫れた顔は、祖父にそっくり。
「よし、これでいける」と思ったものでした。
(一部抜粋)
http://blog.livedoor.jp/a30a988/archives/52113491.html

前バリやベットシーンでの行為も
それだけとして捉えると、あまりにも目に余る行為ですが
俳優としてのプライドとしてやったのかもしれません。

それに三国連太郎は、性的コンプレックスを持っています。
女性不信だとも言っているんですよね。

――いまもコンプレックスは解消されてはいない、と。
三國:「ええ、いまでもコンプレックスは持ってます」
――1回、性的コンプレックス解消のために手術を決意して病院まで行ったっていう告白もしてましたけど。
三國:「でも痛そうだからね(笑)。
全部、それがいけないんじゃないかと思ったんですよ
。そのうち女性への恐怖感や性的恐怖感を感じるようになって。
だから、いいか悪いかわかりませんが、
過去に女性と一緒になってから浮気したっていう記憶は1回しかないんです」
(一部抜粋)
http://www.news-postseven.com/archives/20110108_9580.html

かなり小さいらしいのです。
そのため、性的な遊びは一切しないし
銭湯にいくのも嫌なんだとか。

それでもロマンスを流した女性は多数。
『釣りバカ日誌』でヒロイン役だった石田えりとも噂があります。

turibaka

愛人を強要して断ったことから干されたとか。
三國連太郎さんとの不倫がばれ、石田えりさんの方から
映画を降板したとも言われていますが真相はわかりません。

Sponsored Link
[adsense]

一番有名なスキャンダルは事故死した
女優太地喜和子(享年48歳)。

太地喜和子 画像

「太地が女優としてデビューした頃、
ベテラン俳優・三國連太郎と燃えるような不倫をしたのは、
芸能スキャンダル史に残る有名な話ですよ。
その後、俳優の秋野太作と結婚。短期間で離婚後、
共演俳優や自殺した伊丹十三監督と“不倫”。
元祖魔性の女といわれたんです」(映画関係者)
(一部抜粋)
http://npn.co.jp/article/detail/20992581/

三國連太郎が愛した、魔性の女です。
バイでもあり、あまりの魅力に半年ほど
同棲をしたのに逃げ出した過去があります。

10年たったのちに、2人は雑誌で対談。
その頃のことに対して語ってます。

太地 三國さんは、どうしてあの時、喜和子から逃げ出したんですか。
三國 (ながい沈黙)
太地 聞きたいの。
三國 十年目にして率直にいうけど‥‥あなたのからだにひれふすことがイヤだった‥‥そういうことです。あのころはぼくも若かったし、やり盛りだったから毎日でもできた。だけど、それは未来永劫につづくワケじゃない。
太地 でもよかった、お会いできて。
(一部抜粋)
http://www.asagei.com/6999

太地喜和子は最後は不可解な死を遂げています。
若手の劇団員2人とスナックのママの4人で
海がみたいとドライブへ。

桟橋をバックした時に謝って海に転落。
同乗していた3人だけが助かります。
死因は水死。

太地喜和子は泳げなかったとか、泥酔していたとか
いう話ですが、窓は開いていたそうです。

事件の真相は今となっては闇ですが、
太地喜和子と関わった男は破滅的な生き方を
していったりするので魔性の女といわれる由縁です。
そして太地喜和子自身の最期も謎のある死でした。

三國連太郎は本能的に太地喜和子から
身を引いたのかもしれません。
色恋に惑わされることなく、役者バカとしての道を
選び、後世に残る名演技を残したんでしょう。

喪主は佐藤浩市さんがするのでしょうか?
大俳優であり、父親を亡くして本当に残念だと思います。
三國連太郎氏のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする