古沢良太の結婚は?中井貴一の舞台「趣味の部屋」は相棒の脚本家!

古沢良太は結婚している?
イケメンな顔立ちの売れっ子脚本家は
相棒で神回と呼ばれる脚本を手がけています。
中井貴一の舞台「趣味の部屋」や
イラストも紹介します。

古沢良太は無口で人付き合いが苦手なタイプ。
「ボクらの時代」に以前出演した時も、

・仲の良い俳優や作家仲間はいない。
・酒も飲めないし、趣味もない。
・友達もいないし、プライベートで誰かと語り合うこともない。
・今も早く帰って1人になりたい。
(一部抜粋)
http://ameblo.jp/kyakuhonka/entry-11430125771.html

といっているぐらいなんですね。

ですが、結婚はしていて、
妻と4才の男の子と1才の女の子がいます。

20代に引きこもりのような生活をしていて
ニート同然だったんですね。
そんな自分にけじめをつけようと書いた脚本が
第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞を受賞。

  • ALWAYS 三丁目の夕日
  • キサラギ
  • ゴンゾウ 伝説の刑事
  • 相棒
  • 鈴木先生
  • リーガル・ハイ

など数々のヒットを飛ばす
売れっ子脚本家になったんです。

古沢良太は、自分自身をペテン師と言います。
僕が書いたものはすべて嘘ですからと。

東京都内のマンションが仕事場で、
机には、参考となる資料や書物がありません。
すべて、古沢良太の頭から創造されていくんですね。

hurusawa3

『三丁目の夕日’64』(3作目)で、
「お金よりも大切なものがあるんじゃないかな」
という台詞が登場し、人と人の絆の素晴らしさを謳い上げるのですが・・・

『リーガル・ハイ』で、
主人公が「金が全てではない? 金なんですよ!!」と
老人たちに啖呵を切る名シーンがあり、
絆という言葉を真っ向から否定してかかります。
(一部抜粋)
http://ameblo.jp/kyakuhonka/entry-11430125771.html

感情の起伏がない性格で、情熱なんてないと言います。
それだけに色々な脚本(時には全く真逆のもの)を、
自分色を出さずに書きわけれる技巧派なんですね。

Sponsored Link
[adsense]

古沢良太は、元々は漫画家を目指していました。
藤子不二雄のまんが道を読んだことからで、
今でもイラストレーターとして活躍しています。

古沢良太のイラスト画像はこちら

なぜ脚本家になったのかというと、

手塚治虫が

「漫画家になりたければ漫画を読んでいてもだめ。
いい映画を観て勉強しなさい」

といっていて、
その通り、一流と言われる映画を見ていたら、
やがて脚本の世界にも興味を持ったんですね。

そんな古沢良太が中井貴一から直接頼まれた
脚本が「趣味の部屋」という舞台。

syurmi1 (2)

「世界中で演じられるような面白いオリジナル戯曲を書いて欲しい」

と物凄いプレッシャーのかかるオファーだったのですが
快く承諾したんですね。

パルコ劇場40周年記念公演で2013年3月22日(金)〜4月14日(日)
すでに始まっています。

評判も上々のようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする